仏教入門で知る「仏教には生きる目的が教えられている」

「謙虚に自己を反省し、お互い仲良く生きるための教えが仏教だろう」

「今の生活に感謝し、心を安らかにする教えだろう」

「世界平和運動や、難民支援、ボランティアをするのが仏教だろう」

というように、仏教を倫理や道徳のように思って、よりよく生きる方法を教えられているものだと思っている人が多いようです。

もちろん、仏教の平等思想は平和を実現させる働きをし、明るい生き方をもたらすといえるでしょうが、それらは飽くまでも、副産物であって目的ではないことを、よく知っておくことが必要です。

仏教は「どう生きるか」という生き方をアドバイスするのが目的ではなく、「なぜ生きるか」という人生の目的を教えられたものです。

そのことを、親鸞会で親鸞聖人の教えを学んでいる友人から教えてもらい、初めて知りました。

世の中の人は、どう生きるかばかりを考えていますが、どんなに長生きしたところで、80年から100年、過ぎ去れば幻のような一生です。

老後の生き方を心配し、趣味を持とう、友達を作ろう、年金や保険を、と「どう生きるか」ばかりを問題にしていますが、最も肝心なことを忘れてはいないでしょうか。

死は、突如、私たちの都合などお構いなしに襲いかかってきます。

早ければ今日にも、死に直面しなければなりませんが、後生へ飛び込む準備はできているのでしょうか。

「忘れていた、忘れていた、やがて死ぬ身であることを……」

と叫んだ文豪もありました。

必ず死にゆく露の命です。私たちは、一体何のために生まれてきたのでしょうか、生きているのでしょうか、苦しくとも生きねばならないのでしょうか。

日本の頂点にのぼりつめた豊臣秀吉も、臨終には、「難波のことも夢のまた夢」と泣きながら死んでいきました。

「大命将に終らんとして、悔懼交至る」(大無量寿経)

“臨終に、後悔と恐れが、かわるがわる襲ってくる”

とお釈迦様は説いておられます。これを生死の一大事といわれます。

夢と消え去る、金や財、地位や名誉、妻子を求めることが、人生の目的ではありません。

私たちの生きる目的は、現在ただいま、生死の一大事を解決し、生きてよし死んでよしの絶対の幸福になることです。

その幸せになるまでは、どんなに苦しくとも生き抜きなさいよと教えられているのが仏教です。

そのようなことが教えられているのが仏教だとは、誰も知りません。

なぜ、寺院では、このような話がなされないのでしょうか?

親鸞会のがんばりを期待したいですね。

Comments are closed.