入門編:お釈迦さまってどんな方?(10)

仏教入門編で、お釈迦様についてお話ししています。今回も続けましょう。

肉体を痛めつける厳しい修行の果てに、太子は意を決し、これまでの修行を捨てられました。
衰弱した心身の力を回復しなければ正しき智慧が生じないと考え、ニレゼン川に入って水浴し、あかを除き身を清められました。

しかし、苦行に疲れ切った太子は、沐浴のあと、ほとんど岸にはい上がる気力もなくなっていました。
そこに通り合わせた乳買いの娘、善生女にシッタルタ太子は、一杯の乳の供養を請われました。苦行にやつれ果てておられるとはいえ、たぐいまれなる太子のお姿を拝した善生女は、喜んで太子に新鮮な乳を捧げました。

太子は気力を回復されましたが、橋陳如ら5人の従者は、この有り様を見て、

「ついに、太子は、苦行に耐え切れず堕落した。
 修行者にとっては大蛇よりも怖いといわれる女人から乳を受けた。
 あんなことでは絶対に菩提など獲られるものではない。
 あんな堕落者に随侍していたら、我々も一緒に堕落してしまうぞ」

とささやきながら、太子を見捨てて去っていったのです。

しかし一方で、決意も新たになったシッタルタ太子は、独りニレゼン川のほとり、ブッダガヤの菩提樹の下で、
「われ正覚を成ぜずんば、ついにこの座を起たず」
と強固な決意をされました。

この時より心中、幾多の変化怪象の威嚇や、女色愛欲の誘惑や、世間の利欲など、悪魔波旬が襲い来て、太子の決意を翻さんと誘惑しました。

が、静かなること山のごとく深遠なること海のごとき太子の忍耐と剛毅は、ことごとくこれを征服し、ついに35歳の12月8日、一見明星して大悟徹底、三世十方の実相を諦観せられ、三界の大導師たる仏陀となられたのです。

この歓びをあらゆる人々と、ともにしたい、の念願が心の深奥よりわき上がった釈尊は、
「われは一切勝者なり。一切の智者なり」
と宣言されました。

お釈迦様の教えを、そのまま伝えていかれた方が浄土真宗の開祖・親鸞聖人といわれます。
親鸞聖人の教えていかれたことは、親鸞会が詳しいと聞いています。

それでは、続きはまた今度に。

Comments are closed.