仏教入門:聖道仏教③

仏教の入門編として聖道仏教についてお話しています。
今回で3回目となるわけですが、今回は仏教用語にも出てくる「煩悩」にまつわるお話をしたいと思います。

人は煩悩を持ちながら生きているというお話を前回までにしたと思いますが、煩悩で悪いことを思いつづけていますが、そんな人間はなぜ生きるのでしょうか?
この煩悩と格闘したとされるのが親鸞聖人なのです。
親鸞聖人は九歳で、当時、日本の仏教の中心地であった比叡山・天台宗の僧侶となられました。

聖道仏教の1つである天台宗は、『法華経』の教えに従い、戒律を守りながら煩悩と闘ってさとりを得ようとする教えなのですが、この天台宗の大曼の難行まで成し遂げた親鸞聖人でさえも煩悩は減りもしなければ、なくなりもしなかったというように言っているのです。
そんな親鸞聖人ですが、だれよりも真剣に心を磨こうと努めていたのですが、努めれば努めるほど人間の実態を知らされた親鸞聖人は「煩悩熾盛の衆生」と歎異鈔でいわれています。

(入門編としては少し難しい内容かもしれませんが、1度歎異鈔を読んでみることで仏教について理解が深まると思います。)
親鸞上人のいう「熾盛」とは、燃え盛るということであり、欲や怒りの煩悩が燃え盛っているのが人間であるということです。
俗にこのことを「煩悩具足の凡夫」ともいい、煩悩に目鼻をつけたような人間ということを意味します。
これは雪だるまのようなもので雪だるまから雪を取ったら何も残らないようなもので、私たち人間は煩悩をとったら何も残らないようないわば煩悩の塊であるということをいみしているのです。

このような煩悩具足の我々は、「仏法修行の器にあらず」と、諸仏からも見捨てられた極悪人であるというように釈尊は説かれているのです。

仏教入門:聖道仏教②

仏教の入門編として今回も聖道仏教のお話をしたいと思います。

聖道仏教では煩悩について話をされているのですが、この煩悩というものは百八あるとされているのですが、その中でも最も恐ろしいとされているものが3つあるそうです。
それを「三毒の煩悩」というそうです。

三毒というのは貧欲(欲の心)、瞋恚(怒りの心)、愚痴(ウラミ、ネタミの心)の三つのことを言います。
今回はその三毒である3つのよくについてお話します。

貪欲
貪欲というのは、あれが欲しいこれが欲しいという欲の心のことを意味します。
人間の中で欲のない人はいないのです。
「あなた欲がないわね!」なんて言葉を耳にしますが、本当に何の欲もないのでしょうか?
欲がないといわれる人にだって食欲や物欲や嫉む心だってあるはずなのです。
その欲の中でも代表的なものを五欲といい、食欲、財欲、色欲、名誉欲、睡眠欲の5つのことを言います。
食欲・・・食べたい飲みたいという心
財欲・・・一円でも多くのお金が欲しいという心
色欲・・・常に異性の関心を得ようと身を焦がし寸時も安らかでないという心
名誉欲・・・有名になりたい、褒められたい、認められたいと焦っている心
睡眠欲・・・暇があったら一分一秒でも長く寝ていたい、楽がしたいと思う心

これらの5つの欲は底なしであり、どこまでいっても満たされることはありません。
人は、その欲のために、どれだけ恐ろしいことを思い続けているかしれません。

瞋恚
瞋恚とは、欲の心が妨げられると出てくる、怒りの心このこを意味します。
怒という字は、心の上に奴と書くため、あいつが邪魔するからだ。こいつさえいなければと、心の中で殺しているのが怒りであり、激しいことは炎のようです。
人前で侮辱されたらどうでしょう「あいつのせいで、恥かかされた」という思いは一生忘れられません。
逆上して、衝動のままに親でも子供でも恩人でも心の中で切り刻んでしまうような恐ろしい心です。
この瞋恚のまま行動してしまった人が朝のニュースなどに取り上げられてしまうのです。

愚痴
愚痴というのは、恨んだり、ねたんだりする心であり、
他の人の幸せは苦々しく、他人の不幸がおもしろい心のことを言います。
人が不幸な目に合っているのをみて口では「お気の毒に」と言いながら、ひそかにほくそえむ心があることに驚きます。
この醜い心がとぐろを巻いていて、このような心で悪を作りだし、その自分たちで作りだしたものに苦しめられているのが私たちなのです。

仏教入門:聖道仏教

仏教の入門編として仏教とはどんなものかどんな種類のものがあるかなどを書いているサイトです。
今回は前回の2つの仏教に引き続いてお話することになり、2つの仏教のうちの1つをお話したいと思います。

「煩悩のさびを落としてさとりを開く」
仏教の目的としては、仏のさとりを得ることにあるのですが、聖道仏教に共通する特徴の1つとしては「私たちの本性は、清らかな仏性である。それが煩悩のさびによって曇っているから、修行によってそのさびを落とし、仏性を磨き出すことに全力を挙げよ」というものなのだそうです。

例えて言うならば私たちの心の中にはダイヤモンドのような素晴らしいものがあり、それを煩悩というゴミや埃がついて見えなくなっているから輝いていないのだ!ということなのだそうです。
その煩悩の汚れやさびを、修行により磨いていけば、ピカピカに輝きわたる時が来る、という考えが聖道仏教なのだそうです。

これは、磨く方法は違ってでも、聖道仏教に共通した考えです。

しかし、ここでいう「煩悩」とはいったいなんなのでしょうか?
煩悩とは「煩い、悩む」と書くように、私たちを日夜煩わせ悩ませる心のことであり、この煩悩は全部で百八あると教えられます。
年末から年始に掛けて突く除夜の鐘の百八もこの煩悩から来ているのです。
そして、新しい年をむかえたら欲や怒りの煩悩に煩わされないようにという願いを込めているとされています。

次回は煩悩についてもう少し詳しくお話していこうと思います。